2014年11月3日月曜日

Rを使ってシェープファイルをKMLファイルに変換する(土砂災害危険箇所マップ)

↓こちらで公開したKMLファイルは、シェープファイルをRで変換処理したものなのですが、その手順です。

神奈川県の土砂災害危険箇所ハザードマップ(Google Earth閲覧用KML形式): 主張

元にしたシェープは↓こちらで入手しました。

国土数値情報ダウンロードサービス

<災害・防災>のカテゴリに、「土砂災害危険箇所」というのがあります。シェープファイルは都道府県別に分かれて公開されています。

データ形式のタブ(?)で、「JPGIS2.1」のところを選択すると、JPGIS2.1形式とともになぜかShapeファイルも置いてあるという、微妙なトラップがあるので要注意です。

このShapeファイルをRでKMLに変換するんですが、スクリプトはごく簡単です↓

# 必要なパッケージの読み込み
library(maptools)
library(plotKML)
 
# 座標系の情報を持つオブジェクトを作る
# longlatは緯度経度指定、WGS84は世界測地系であることを表す
pj <- CRS("+proj=longlat +datum=WGS84")
 
# シェープファイルの読み込み
hazard.area <-readShapePoly("xxx.shp", proj4string=pj)
 
# もし、表示して確認したいときはplotすればOK
# plot(hazard.area)
 
# KMLファイルとして出力する
kml(hazard.area, file = "xxx.kml")


あとは、GoogleEarthで開けば閲覧できます。

↓こんな感じですね。
国交省が公開している「土砂災害危険箇所」シェープをRでKMLに変換後、Google Earthで表示したもの



閲覧時の色の変更などは、冒頭のリンク先を参照してみてください。■

[2014年11月23日追記]東京都、埼玉県、千葉県のKMLファイルも追加しました。あと、Google Earthの設定で色を変更しなくて済むよう、KMLファイル内のタグで色を赤に変えときました↓
土砂災害危険箇所のKMLファイル(東京、神奈川、埼玉、千葉): 主張




0 件のコメント:

コメントを投稿